フリーエンジニアの専門分野の状況と転職

フリーエンジニアとして働いていると段々と勤められる仕事が先細りしてしまいます。そのため、30代の終わりから40代の始めにかけてで転職をして企業に再度勤めたり、公務員になったりして安定して収入が得られる道を選びます。

勤められる仕事がなくなってきてしまう理由は大まかに2つあり、1つはクライアント側が年齢制限を設けているという場合です。これは、加齢とともに体力や思考力が低下するため、仕事の生産性が低くなってしまいがちであることから、よりエネルギーに溢れている人材を求めて制限をかける傾向があります。もう1つは情報技術の進歩によって自分の得意とする分野が廃れてきてしまって仕事の依頼自体がなくなってしまっているというものです。

どちらの場合においてもある程度職種を変えなければ必要とされていないということを意味しています。前者の場合には自分の専門分野はまだ時代のトレンドの範疇にあることから、その知識や経験を生かした仕事に就くことが可能です。そのため、IT業界でプロジェクトリーダーやコンサルタントといった生産性を上げるための仕事へと転職を考えるのが良い選択肢となっています。

一方、後者の場合には専門分野を変えるしか手だてがなく、スキルを広げるための勉強を行っていくか、公務員等のIT業界の外への転職を考えるのが典型的な方法です。フリーエンジニアは仕事が減ってきて転職する場合にはまず状況理解が大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です