システムエンジニアの生産性向上で目標達成

フリーエンジニアが目指すべき目標としては、高額の報酬が得られる仕事の確保が挙げられています。高い報酬があれば、生活や仕事の余裕が生まれ、仕事へのモチベーションも維持していくことが可能です。しかし、高い報酬を得るまでになるためには、長く険しい道が存在しています。それゆえ、システムエンジニアとしての実力を高め、高い報酬の仕事の案件を獲得できるかが重要です。

高い報酬が得られるまでのアプローチとしては、できるだけ多くの仕事が経験できるように生産性を高めることが重要です。同じ時間を仕事に費やす場合でも、仕事の生産効率が高まれば、仕事量を増やしてそれだけ多くの案件に携わることができます。

同期のシステムエンジニア同士でも、生産効率の差によって経験に大きな違いが生じます。
始めは同様の能力だったエンジニア同士が、次第に能力に差が生まれてくるのはこうした要因があります。

しかし一方で、生産性を高めると共に、クオリティの向上についても取り組むことが重要です。仕事の内容のクオリティが高くなれば、それだけクライアントの信頼を得て、高い報酬の仕事も得やすくなります。生産性とクオリティのバランスをとることは難しく、いずれかに偏る傾向にはあります。絶妙なバランスの中で、生産効率の向上により仕事の量を増やすと共に、クオリティ維持にもできるだけ心がけることにより、フリーのエンジニアとして高い報酬が得られるまでに成長ができます。

フリーランスとして息が長く、充実したライフプランを望む方は情報を収集しておくことが望ましいといえるでしょう。時代は常に新しくなります。それゆえ、昨日までの正解が今は不正解になることも十分ありうるのです。リアルな情報を取得し、自分にあった生産性アップの方法を見つけていくことが、フリーランス人生を成功させる秘訣となるのではないでしょうか。生産性アップへの情報サイトをひとつ共有します。⇒【フリーエンジニア生産性向上委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>