フリーエンジニアに不可欠な生産性と保険

フリーエンジニアとして働く道は、多くの仕事を行っていくことによって、それに応じた報酬が手に入るという張り合いの良さがあります。そして、結果として自分の能力を高めていくことによって年収を上げていくことができます。エンジニアにとって担える仕事が増えていくことは喜びでもあり、その達成によってクライアントの満足が得られることは大きなやりがいとなるものです。

しかし、フリーエンジニアとして働いていくことにもデメリットもあります。生産性の高さがエンジニアとしての価値として評価されることになり、それが報酬につながるというシステムであることから、常に高い生産性を保たなければ生活をしていくことができないという面があるのです。時代の変遷とともに技術も進歩していくため、ある時点において有能とされていたエンジニアがもつ技能が自動化されて不要になってしまう場合もあります。常に自分に新しい価値を付加していかなければ仕事を続けていくことが難しいのがフリーエンジニアです。

一方、それを続けていたとしても、病気や怪我等によって長期間仕事ができない場合には収入が途絶えることになります。その際に企業に勤めていれば手当等が出る場合もあるものの、フリーランスの場合にはそれを自分でまかなわなければならないという面もあります。そのため、生産性を保つことに加えて、保険加入等によって一大事が合った場合の備えについて十分な注意を払う必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です